一般社団法人日本毒性学会,THE JAPANESE SOCIETY OF TOXICOLOGY

English
Home

部会一覧/医薬品毒性機序研究部会

医薬品毒性機序研究部会

対象研究分野

 医薬品の有害な生体反応のメカニズム研究

設立趣旨

 日本毒性学会を含め多くの国内学会、研究会において、医薬品の安全性研究が行われている。研究範囲は、レギュラトリーサイエンス、各種安全性評価法の開発、安全性試験による毒性の検出、メカニズムの解明など、多岐に亘っている。このなかでメカニズムの解明は、医薬品の開発にとって意義の高いものであり、将来的に新たな試験法の開発、バイオマーカーの設定、ヒトへのトランスレーショナルリサーチに寄与できる可能性がある。また、メカニズム研究は、毒性研究者のみならず、薬物動態研究者、病理研究者、薬理研究者など、多くの領域の研究者の研究対象となっている。そこで、日本毒性学会の専門部会に「医薬品毒性機序研究部会」を設立し、メカニズム解析に寄与している研究者間でグローバルな研究交流のできる環境を作りたいと考えた。本研究部会は、毒性機序の解明あるいはその理解を深める情報交換の場として、当該研究領域あるいは研究者のレベルアップを目指すものである。最終的には、研究情報を集約して情報を共有化し、例えばAdverse Outcome Pathway (AOP)などのような形で整理されてゆければ、日本の医薬品安全性評価研究に大きな貢献が出来るものと考える。

部会運営体制

部会長
横井 毅

常任幹事
石塚 真由美、小川 久美子、小野寺 博志、金井 好克、菅野 純、北嶋 聡、渋谷 淳、鈴木 睦、広瀬 明彦、福井 英夫、務台 衛、
森 和彦、山田 久陽、吉成 浩一

監 事
青木 豊彦

部会主催学術集会


「第4回 医薬品毒性機序研究会」
本年度の研究会では、「進化するモダリティと新技術の展開」と題して、毒性病理研究をはじめとして、今や日進月歩の医薬品モダリティに対するアプローチ、様々な基礎技術開発や、評価技術等に関して、医薬品の毒性機序研究における有用な最新情報を討議することにより、研究者間の情報交換を推進し、産官学で相互にレベルアップを図ることを目的としています。本研究会は日本毒性学会 医薬品毒性機序研究部会の主催ですが、日本毒性学会の会員以外の方の御参加も歓迎いたします。一般演題の募集も致しますので、奮っての御参加をお待ちしております。

会 期 2021年12月16日(木)~17日(金)
会 場 (1) 研究会 WEB開催
(2) 懇親会 なし
実行委員長 渋谷 淳(東京農工大学大学院 共同獣医学専攻 獣医病理学研究室)
プログラム(予定) ・特別講演 『全身全細胞解析の実現にむけて』
上田泰己 先生 (東京大学大学院  医学系研究科)
・教育講演 『エピジェネティクス入門 ―その分子基盤から臨床応用まで-』
仲野 徹 先生 (大阪大学大学院 医学系研究科)
・シンポジウム
・一般講演 (ポスター発表)
参加登録 今しばらくお待ち下さい
HP 近日中に公開予定(http://www.senkyo.co.jp/iyakudokuken/index.html
事務局 〒183-8509 東京都府中市幸町3−5−8 国立大学法人 東京農工大学内
第4回医薬品毒性機序研究会事務局
事務局長 鈴木和彦 (代 植野久美)
TEL: 042-367-5771 FAX: 042-367-5771  E-mail: kijoken4@m2.tuat.ac.jp

PAGE TOP